ファイテンネックレスの仕組みはどうなってるの?効果がでる理由や口コミを解説!

ファイテンネックレスを買ってみたいけど、どういった仕組みで効果がでるのかがわからない方も多いと思います。

ファイテンのネックレスは、着けるとカラダをリラックス状態へとサポートしてくれるものです。

実際にファイテンネックレスは一般の方だけでなく、いろんなアスリートの方も使っています。

でもなぜリラックス状態をサポートしてくれるのか、仕組みが気になるところですよね。

せっかく購入するなら、しっかりと理解して買いたいですよね。

私も気になったので調べてみました。

結論からいうと、ファイテンのネックレスに含まれている金属にはカラダを整える力があり、リラックス状態へとサポートしてくれます。

調べたところ一説では、金属はカラダに起こる整体電流の乱れを整える作用があると言われています。

実際にファイテンが研究機関に依頼して行った試験では、メタックスには抗不安作用がある(かもしれない)という研究結果がでています。

ただし医学的な根拠がないため、絶対に効くと言い切れるものではありません。

ファイテンネックレスは公式サイトで購入できます

 

医療機器のように絶対に効くといえるものではありませんが、着けてるだけで効く可能性があるのは試してみる価値がありますよね。

さらにファイテンでは肩こりに効くと言われる磁気ネックレスも販売されているので、肩に悩みがある方は磁気入りを選びましょう。

今回はファイテンネックレスの仕組みやファイテンでしか作れない素材、磁気の効果やファイテンネックレスの評判を解説していきます。

 

 

ファイテンネックレスの仕組み

ファイテンネックレスにはいろんな金属が含まれており、金属の特性を生かしてカラダをリラックス状態へとサポートをすると言われています。

というのも、金属はカラダに起こる生体電流の乱れを整える作用があると言われています。

難しい話となりますが、

金属はプラスやマイナスの電流を帯びようとする性質を持っていて、このプラスやマイナスになりやすい度合いのことをイオン化傾向といいます。

イオン化傾向は金属の種類によって異なり、イオン化傾向の強い金属は、生体電流の乱れを整える力が強いとされています。

そのため、ファイテンのネックレスにはイオン化傾向が強いチタンをはじめ金、銀、プラチナ、パラジウムが含まれているので、生体電流が整うというわけです。

あくまで一説なので医学的な根拠はないのですが、こういった流れで整うのではないかと言われています。

でも、チタンなどの金属はネックレスのどこに入っているの?と不思議に思いますよね。

ファイテンでは、金属を水溶化させる水溶化メタル技術があるんです。

 

 

ファイテンでしか作れない素材の強み

チタンや金、銀、プラチナ、パラジウムなどの金属は整体電流の乱れを整えるとされていますが、これらの金属をそのまま持つことができません。

ファイテンではチタンでできたチェーンネックレスは販売されていますが、他の金属は価格も高くなかなか手に入れにくいですよね。

そこで、ファイテンでは金属を水溶化させる技術があり、生地に金属を含ませることができるんです。

とくに、ファイテンのネックレスで使われている金属では、チタンや金、銀、プラチナ、パラジウムを水溶化させたものをメタックスと呼ばれ、

チタンのみを水溶化させたものをアクアチタンと呼ばれています。

それぞれの金属を水溶化させ生地に含ませることにより、金属の特性を生かしつつ軽くて丈夫なネックレスを作り出すことができます。

実際にファイテンが研究機関に依頼して行った試験では、メタックスには抗不安作用がある(かもしれない)という研究結果がでています。

そのため、スポーツ中でも金属をそのまま身につけながら運動することは難しいですが、ファイテンのネックレスだと軽くて動きやすいですよね。

またファイテンではメタックスの素材を使いながら、健康ネックレスの定番である磁気ネックレスも取り扱っています。

 

 

磁気を合わせるとさらに効果アップ?

ファイテンでは、健康ネックレスの定番である磁気ネックレスも取り扱いがあります。

※公式サイトではRAKUWA磁気ネックレスやRAKUWA磁気チタンネックレスの商品が磁気ネックレスです。

磁気の効果は、装着部位のコリや血行改善に効くと言われています。

しかし、磁気の詳しい効果についてはいまだに未知数なんです。

というのも、現在考えられているメカニズムの一説としては難しい話になるのですが、

『磁気ネックレスを付けると、フレミング左手の法則に従って血液中の正・負イオンはそれぞれ移動することで反対方向に偏ります。

そこに電流が流れることで血液中の電解質がイオンとして解離し、増加します。

イオンが増えることで自律神経の働きが良くなり、血流が促進されると考えられています。』

しかし、ヘモグロビン酸素放出説やコリンエステラーゼ抑制説などさまざまな説があるようで、

要は明確に「この作用のためコリが改善する」と説明できるところまでわかっていません。

また磁気ネックレスの効果の有無は、コリの原因や自律神経の状態などさまざまな要因が複雑に関わってくるため、磁石のみの効果については一概にはいえません。

磁気や金属の効果は絶対に効くと言えるものではありませんが、着けているだけで体調が整うと嬉しいですよね。

ファイテンネックレスは公式サイトで購入できます

では実際にファイテンネックレスを使っている方の口コミや評判をみていきましょう。

 

 

ファイテンネックレスの口コミや評判

ファイテンの公式サイトでは、ファイテンネックレスの口コミをみることができます。

今回はスポーツ系で人気のクリスタルタッチや普段使いのしやすいダイヤモンドカット、磁気ネックレスのローレットの口コミをみていきましょう。

 

RAKUWAネックレス EXTREME クリスタルタッチ

店頭で体感出来たから即購入!ファイテンデビューです!クビを後ろへ回した時の可動域が微妙に広がった上に、限界域での痛みが軽くなった。

購入後、その場で着用して帰宅し、車庫入れで後ろを向いたら、ウソみたいにクビがラクに回るのでビックリした!購入はブルー50cm、ファイテンファンになってしまい、色々買って試して今はMCCテープの凄さにハマってます。

クリスタルタッチを購入しましたが見た目も良く、軽くて気に入ってます。次はトルネードの購入を考えています。肩こりもしなくなって いるので効いてる感あります。

RAKUWAネックレス ダイヤモンドカット

このネックレスは金属部分が多く、楽になる体感が多いですね!しかし、それだけではなく、ファションとしても素晴らしいネックですね!買う時は色に迷いましたけど、ゴールドにしました。

RAKUWA磁気ネックレス ローレット(管理医療機器)

今まで、ファイテンさんからは治療器具ににた商品が出でましたが、今回は左右の椎間板ヘルニアの手術で下半身に痺れが出るので、これを使用して、オペしたら、麻痺は無くなり、椎間板ヘルニアになった21歳の前の身体にまりました😂止まっていた時間を動かすのはこのネックですね!

Phitenの商品を今まで何点か購入しましたがデザインが一番気に入りました。入浴以外は一日中着けていますが、脱着も楽で磁力が十分なため、仕事中や寝ていても一回も外れたことなどありません。磁気ネックレス特有の効き目で、肩と首が楽になり、尚且つ、Phitenのメタックスがこれから何に効いてるくるか楽しみです。

引用元ーファイテン公式サイト

ファイテンネックレスで人気の3タイプの口コミをみていきました。

効果を実感している方は、たくさんおられました。

私もスポーツをする時はクリスタルタッチを使い、普段使いでは磁気ネックレスを使ったり使い分けを行っています。

効果を感じることはもちろんですが、見た目もかっこいいので着けているだけでテンションが上がります。

他の商品についても公式サイトでは口コミが見れるので、一度公式サイトをみてみてください。

 

まとめ

今回は、ファイテンネックレスの仕組みについて解説してきました。

ファイテンネックレスの効果のでる仕組みは、金属の特性を生かしてカラダをリラックス状態へとサポートをするというものです。

金属にはカラダに起こる整体電流の乱れを整える作用があると言われています。

金属をそのまま持つには重く邪魔になってしまいますが、ファイテンの水溶化メタル技術により生地に含むことができます。

そのため、スポーツ時にも軽くて丈夫な健康ネックレスとして使うことができます。

実際に金属を水溶化させたメタックスの効果を調べる研究では、メタックスには抗不安作用がある(かもしれない)という研究結果がでています。

ただし医学的に認められているものではないので、確実に効くというものではありません。

またファイテンには磁気ネックレスも販売されているので、肩こりにお悩みの方は金属の特性と磁気の効果を得られるのでおすすめです。

まだファイテンのネックレスの仕組みはわからないことも多いですが、実際に使っている方で効果を感じている方も多くおられます。

これからファイテンネックレスを試す方は、まずはお気に入りのデザインを探してみてください。

ファイテンの公式サイトでは、現行で販売されているすべてのネックレスを購入することができるのでおすすめです。

下記からファイテンの公式サイトで購入できるので、今すぐ注文してみましょう。

ファイテンの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました