DNSとゴールドジムのプロテインを比較してみた結果!ゴールドジムのプロテインがおすすめの人は?

市販のプロテインを買おうと思った時、

DNSのプロテインとゴールドジムのプロテイン、どちらを選ぶか迷う方も多いと思います。

私も、トレーニングを始めた時は、DNSのプロテインを買っていました。

理由としては、DNSのプロテインが安かったからです。

それに比べて、ゴールドジムのプロテインは値段が高いので、

正直、そんなに高いプロテインを買って意味があるの?と思っていました。

しかし、DNSとゴールドジムのプロテインの内容や値段を比較してみると、ゴールドジムのプロテインの凄さがわかりました。

比較した結果ゴールドジムのプロテインは

  • プロテインの原料が高い
  • 脂質や乳糖が少ない
  • ビタミンやミネラルが配合されている

大きな違いは、ゴールドジムのプロテインの原料は、WPIという原料が使われている(DNSのプロテインはWPC)ということです。

WPIは値段が高い分、脂質や乳糖などの余分な栄養を取り除く処理がされており、

タンパク質の含有量が高くなっています。

また、乳糖でお腹を壊しやすい方にとっても、飲みやすいものとなっています。

牛乳をたくさん飲むとお腹を壊しやすい私には、ゴールドジムのプロテインが合っていると思い、

今ではゴールドジムのプロテインを使っています。

ゴールドジムのプロテインは公式サイトで購入できます

プロテインを買う時の決め手として、値段が安いことならDNSのプロテインがいいでしょう。

しかし、私のように牛乳があまり得意でない方や、脂質が少ない方がいい方、タンパク質が少しでも多く入っている方がいい場合はゴールドジムのプロテインをおすすめします。

今回は、DNSとゴールドジムのプロテインのどちらを買うか迷っている方のために、

DNSとゴールドジムのプロテインの値段や栄養素の比較をしてみました。

DNSとゴールドジムのプロテインの値段を比較してみた

まずは、DNSのプロテインとゴールドジムのプロテインの値段を比較してみましょう。

<DNSのプロテインホエイ100>

DNSのプロテインホエイ100は公式サイトでは、1050g4450円(税込)で売られていました。

<ゴールドジムホエイプロテイン+ホエイペプチド&ビタミン>

ゴールドジムホエイプロテイン+ホエイペプチド&ビタミンは公式サイトでは、720g5400円(税込)で売られていました。

<比較>

DNSプロテイン1050g  4450円
ゴールドジムプロテイン720g5400円

1kgに統一した場合

DNSプロテイン1000g  約4250円
ゴールドジムプロテイン1000g7500円

ゴールドジムのプロテインはDNSのプロテインよりも高いことがわかります。

値段だけみれば、DNSでいいやん!

と思いますよね。

では、ゴールドジムのプロテインの値段が高い理由をみてみましょう。

ゴールドジムのプロテインの値段が高い理由

ゴールドジムのプロテインはDNSだけでなく、市販のプロテインの中では、少し高いです。

値段が高い理由は詳しく下記の記事でも解説しています。

ゴールドジムのプロテインは高いけど買う価値あり!初心者におすすめのプロテイン

そもそも、ゴールドジムのプロテインとDNSのプロテインでは使っているホエイ原料に違いがあります。

というのも、ゴールドジムのプロテインは冒頭でもお伝えした通り、WPIというホエイ原料が使われています。

(DNSはWPCというホエイ原料が使われています)

WPIというのは、WPCに脂質や乳糖などの余分な栄養を取り除く処理がされたものです。

そのため、DNSのプロテインよりも、タンパク質の純度が高いホエイ原料を使っていると言うことです。

WPIのホエイ原料のいいところは、

  • 乳糖が苦手な方にも飲みやすい
  • 少ない量でタンパク質がたくさん摂れる

というところです。

では、実際にDNSとゴールドジムのプロテインに含まれる栄養素を比べてみましょう。

DNSとゴールドジムのプロテインに含まれる栄養素を比較した

先ほどの話では、ホエイ原料の違いによってタンパク質の含有量がかわるということでした。

それが正しければ、ゴールドジムのプロテインはWPIというホエイ原料を使っているため、DNSよりもタンパク質量が多いはずです。

では、実際にDNSとゴールドジムのプロテインに含まれる栄養素を比べてみましょう。

<DNSのプロテインの栄養素>

<ゴールドジムのプロテインの栄養素>

DNSのプロテインは35gの栄養成分表示、ゴールドジムのプロテインは100gの栄養成分の表示になっているので、

ゴールドジムのプロテイン1杯20gに合わせて、計算してみました。

<プロテイン20gあたり>

DNSゴールドジム
エネルギー約81kcal約71kcal
タンパク質約13.8g15.1g
脂質約1.65g0.26g
炭水化物約2.68g2.2g
食塩相当量約0.17g0.092g

DNSとゴールドジムのプロテインの栄養素を比べた結果、プロテインを同じ量摂るとした場合、

ゴールドジムのプロテインはDNSよりもタンパク質の含有量が多く、脂質や炭水化物などの余分な栄養素は少ないという結果でした。

ゴールドジムのプロテインは、こちらの栄養素に加えてビタミンやミネラルも含まれています。

プロテインを少ない量で、タンパク質やビタミン、ミネラルが摂れるのはゴールドジムのプロテインだからこそだと思います。

もちろん、DNSのプロテインの量をたくさん摂れば、摂取するタンパク質の量も増えますが、

私のように乳糖が苦手な方は、WPCがお腹に合わないこともあり、WPCのプロテインをたくさん摂ることができません

そのため、WPIを使っているゴールドジムのプロテインは、私のように牛乳が苦手な方のみならず、

  • 少しでもカロリーが少ない方がいい!
  • 栄養素がたくさん入っている方がいい!

と言う方にもおすすめのプロテインとなります。

ゴールドジムのプロテインは公式サイトで購入できます

まとめ

今回は、DNSとゴールドジムのプロテインを比較してみました。

ゴールドジムのプロテインはDNSに比べると、値段が高いのですが、

WPIというホエイ原料を使っているため、

  • タンパク質の含有量が高い
  • 脂質や乳糖などの余分な栄養素が少ない
  • ビタミン、ミネラルが入っている

という結果でした。

DNSのプロテインは、値段も安く購入しやすいのですが、ゴールドジムのプロテインに比べるとタンパク質の含有量が少ないです。

また、タンパク質だけしか入っていないので、ビタミンを摂りたい場合は別で購入する必要があります。

ゴールドジムのプロテインは、タンパク質の含有量が高く、ビタミンやミネラルがあらかじめ配合されています。

そのため、プロテイン以外のサプリメントはどれを摂ればいいかわからない!と言う方にも、ゴールドジムのプロテインはおすすめです。

ゴールドジムのプロテインは、公式サイトでは種類も選べる(市販では購入できる種類が限られる)ので、下記の公式サイトから購入してみてください。

ゴールドジムのプロテインはこちらから購入できます

関連記事

ゴールドジムのジュニアプロテインの特徴とは?子供は何歳から摂る?ザバス、ウィダーとの違いを解説!

タイトルとURLをコピーしました